ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< 宮崎県GWの観光地の人出と渋滞 | ひむかブログTOP | 生目古墳群史跡公園 >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

宮崎県の春神楽(日南市下方九社神社)


宮崎県では年間350近い神楽が各地で舞われております。
同じ日に複数の場所で舞われていることも多い為、宮崎県内の神楽をくまなく見る為には約50年かかるとのこと。
神楽というと、高千穂、椎葉、諸塚、米良等、山間部地域での収穫を終えた秋から冬にかけての寒い時期の夜神楽という印象がありますが、平野部の高鍋、宮崎、日南などでは神楽は主に昼に舞われ、収穫を祈念する意味を込めた春神楽となります。
春神楽は彼岸前後より田植え時頃まで各地で行われ、神楽が終わると、春の農作業が本格化する。
昨日、新聞のローカル紙面で日南市下方神社(九社神社)の春大祭で神楽が奉納されることを知り、出かけてきた。
おなじみの岩戸神楽(戸取り等)等もありますが、魚の付いた釣りざおを手にして舞う番付「鵜戸舞(うどめ)」など県南地方特有の舞はとても印象的でした。拡大画像

 




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

日南市下方九社神社神楽 01日南市下方九社神社神楽 02
日南市下方九社神社神楽 03日南市下方九社神社神楽 04

この神楽でなんと言っても印象的なのは4枚目の写真の「猿田彦」でしょう。
ここでの猿田彦は大きなすりこぎ、米の付いためしげを持ち見物者の中に入り笑いを誘い大騒ぎとなります。
家内繁盛・安全・五穀豊穣(ほうじょう)を祈る作神楽です。

いつまでもこういった祭り、伝統文化を守り続けていただきたいです。

 写真のページを作成しました。
2ページあります。 → 九社神社神楽
 

宮崎の神楽関連ページ

高千穂上田原神楽(高千穂町)
高千穂神楽 (観光向け神楽より)
手力雄(観光向け神楽より)
鈿女(観光向け神楽より)
戸取(観光向け神楽より)
御神体(観光向け神楽より)
銀鏡神楽(西都市・東米良)
尾八重神楽(西都市・東米良)
南方神楽(西都市)
生目神楽(生目里神楽フィスティバルにて)(宮崎市)
野島神楽 (宮崎市)
五ヶ瀬町三ヶ所神社神楽(神武大祭にて撮影)(五ヶ瀬町)
岩戸、野方野地区石神神社神楽(神武大祭にて撮影)(高千穂町)
椎葉神楽(向山日当神楽)総合博物館椎葉民家にて撮影
大人神楽(岩井川神楽)(日之影町)
潮嶽神楽(潮嶽神社)(日南市北郷町)
新田神楽(新富町)
船引神楽(清武町)
 

ひむかブログ2[宮崎県の春神楽(日南市下方九社神社)]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2008.04.30 Wednesday | comments(4) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2008/05/19 10:12 PM---
HIRO_0503さん こんばんは
宮崎ロケのあった裸の大将の放映は今週末(土曜)ですね。
宮崎にしては珍しく全国と同じ日、時間帯です(^^)

HIRO_0503--- 2008/05/12 12:12 PM---
生目の場所、分かりました。
HIROも5月はバタバタしていて 宮崎内を
なかなかあちこち出来そうにありません。
でも、機会があれば…。ぜひ。^^
はだかの大将の放映はなんとか見たいと思います。
このドラマ 以前されてた方が亡くなられて この雰囲気を
出せる方はそうないのか、と思ってましたが
現在されている方も味があっていいですよね。
「宮崎に来る」なんて いいと思います。@^^@

インターネットの事は、自分が無知な為に 意識せず…にやってしまっては
ないか…を考えられたので 良かったです。
「転載と引用の違い」少し検索して読んでみました。@^^@

MORIMORI--- 2008/05/09 9:06 PM---
HIRO_0503さん こんにちは
平野部の昼神楽も5月初旬で終わりです。
夜神楽は寒さの大変厳しい中の夜通しなので見学する方も結構辛いものがあります、それと比べると昼神楽は見学する方にとっては条件はいいですね。
ただ寒い中、見るというか“神遊び”に参列するという夜神楽の独特の雰囲気もまた良いものです。
宮崎県下で国指定重要文化財の神楽になっている3カ所(高千穂・椎葉・銀鏡(米良))はいずれも夜神楽であるように歴史や民族文化的に重要とされる神楽は県指定重要文化財も含め殆んどが夜神楽に集中していることは確かですし、地域の方々の信仰や思い入れ、力の入れ具合もよりいっそうあるような気がします。(以上は私の単なる印象です)
そうそう!宮崎市生目地区の里神楽フェスティバルが5月11日曜日だったかと思います。
旧10号線沿いの生目のマルショクの少し先(西)の生目地区集会所?(正式名は忘れました)で午後2時頃から夜までだったかと思います。
時間等詳細は宮崎市生目商工会のサイトに書いてあったと思います。
この里神楽フィスティバルはのんびりゆっくり神楽を見学できます、せんぐまき(餅をまきます)とかもありますよ、ご興味があればお出かけください。
当方は一昨年昨年と行きましたが、今年は宮崎県におりませんので行けそうにありません。
今度放映される宮崎ロケもあった「はだかの大将」で神楽のシーンが出てきますが、生目神社の神楽です。
話は変わって「X」の方に書いた「迷惑スパムブログが実に日本のブログの40%を占める」というNiftyの調査結果の件ですが、あくまでスパムブログ話題であり、普通にブログ等を書かれてらっしゃる方はなんら問題ないと思いますのであまり気にしなくとも良いかと思います。
意味不明の文節の羅列「ワードサラダ」、新聞記事や他ブログより集めた文章だけの著作権無視の転載ブログ等が、ブログ全体のみならずインターネット自体の質をも落としてしまうことに危機感を感じ、自分への戒めも含め新ブログ開始話題としてあえて書きました。

HIRO_0503--- 2008/05/08 8:47 PM---
神楽って 本当あちこちでやっているのですね。
夜間帯、眠い時間帯に…というイメージをもってました。
昼の時間帯にもあるのですね。^^
行きやすさが増しますね。@^^@

「X」の方を見てきました。
相手方にコメントを残して自分の所のアドレスを提示したり…は
割とする様にはしているのですが…
危ういかなぁ…と感じるモノはあって
常に気をつけなくては…と改めて考えました。
有り難うございました。

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI