ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< 桜咲く〜綾町照葉樹林のヤマザクラ | ひむかブログTOP | 菜の花の写真をいくつか >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  

旬の日向夏を食す。

完熟きんかんが目立ちすぎているのか、今ひとつ脚光をあびない宮崎の今が旬の果物日向夏を今回、ひむかブログの記事に取り上げた。

JA宮崎中央発行の冊子「日向夏」によると「日向夏は、1820年ごろ宮崎市赤江の真方安太郎さんの宅地内で偶然実生として発見され、1887年(明治20年に日向夏蜜柑として命名された宮崎県原産の柑橘で、宮崎県が生産量日本一を誇る特産果樹の一つ。」と記載されている。
(参考迄、宮崎市赤江は宮崎空港があるところあたりです。)

「日向夏」というブランド名がついたのは昭和47年のようです。
宮崎のハウス栽培の日向夏みかんは12月中旬頃から出始め、3月初め頃まで、その頃になると露地ネット栽培の日向夏みかんも出回るようになります。
日向夏みかんは5月後半頃まで楽しむ事が出来ます。

先日、近所のスーパーマーケットでとても枝ぶりの良い、新鮮な葉の付いた日向夏みかんが「私の写真を撮ってチョウダイよ〜」と語りかけるので(笑)・・3個購入(@98円×3)、早速撮影、後にいただきましたとさ。

 日向夏みかん 

日向夏みかんは黄色い外皮の内側にある白皮も糖度が高く、生食に向いていることから、リンゴの皮を剥く様に皮の黄色い部分だけを果物ナイフで剥き、その後果肉をそぎ切りします。

 日向夏みかん

実はこの皮、撮影に使うので途中で切れないように注意しながら私が剥きました。
結構包丁さばきは上手い方です(^^)




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

 日向夏みかん

この日向夏みかんは種ありでしたが、最近は種無しや種の少ない品種も多く出ております。

先日「おーいニッポン私の好きな宮崎県」で日向夏みかんに醤油を付けて刺身風に食べいたのを見て、早速私も試してみましたが、外側の白皮に醤油が合い微妙にパンチの効いた味となり結構いけます。

ヨーグルト等をかけて食べても美味しいです。
旬の日向夏みかんをご賞味あれ。

next日向夏関連ページ→ 日向夏みかん

ひむかブログ2 [旬の日向夏を食す。]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 宮崎の食べ物 | 2008.03.24 Monday | comments(6) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2008/04/09 6:49 AM---
楽閑人さん こんにちは
専門の立場より貴重なお話ありがとうございます。
確かに昔は問題無かった(知らなかったが正しい)が今は使用禁止なんてモノも数多いですし、食は工業加工製品みたいに単純に考えてはいけないことなのかも知れませんね。

楽閑人--- 2008/04/08 2:01 AM---
ご訪問ありがとうございました。
確かに・・おっしゃるようなことはあると思います。
品種改良・・売れるためには、そんな努力も必要なんでしょうね。

長いこと医療にたずさわってきて思うことは、いわゆる環境ホルモン・・何がどのように影響しているのか?というのはまだ未知数の段階ですが、やはり自然に反することは、どうなんだろうなぁ・・と考えさせられる日々です。

もともと生物は子孫を残していかなければならない宿命にありますが、種を無くすというのは、その生物たる所以を無くすということでもあると思うのです。男性の女性化傾向など、不思議な現象も知らぬ間に増えてきているのも事実ですし・・・便利さ追求、効率性優先でいいのだろうか?・・なんて・・・あぁー難しいですね。

MORIMORI--- 2008/04/05 8:14 AM---
楽閑人さん はじめまして

日向夏の予備知識の無い方は、間違いなく普通のみかんのように手で剥いて“中の身だけ”を食べると思います。
日向夏が全国に認知されるまでにはまだまだ時間がかかるでしょうね。
食後のデザートには最高に私も一票を! 

品種改良のこと
完熟きんかん等でも、丸ごと食べられるとPRしているのに一度口に含んだ種を吐き出す必要がある現実があります。
特に出先(屋外)等で食べるときとか、特に若い女性の方等は少なからず抵抗がある方もいらっしゃるのではと思います。
農作物以外の他の製品と同じで日々改良して行かなければ、やがてとりこのされてしまうと思います。
食べやすいように種をのぞくのは私は良い事だと思います。
もちろんおっしゃるような遺伝子?問題等がクリアされていることが大前提ですが・・。
ブログ拝見しました。西都原の桜もそろそろ見頃ですね。また訪問させていただきます。

楽閑人--- 2008/04/03 1:23 AM---
日向夏・・・ネーミングの問題ではないような気がします。
宮崎県外の方は、恐らく食べ方がわからない、その上・・見た目でレモンのような若々しい色ですんで、酸っぱいミカンだと勘違いされているふしがあります。食後のデザートには最高に良いのになぁーと残念。

品種改良もいいでしょうけど、伝統的な味というのは変えないでいただきたいものです。それに種なしなどは、生物化学的な処理を施すわけですから、個人的には、どんなものか?とも最近思いますが。

MORIMORI--- 2008/03/26 6:32 AM---
atuさん こんにちは
出先等でナイフで皮を剥くのは困難だし、正直言って、結構メンドクサイ行為ですから、手でむける薄皮への改良出来れば良いですね。絶対売上げも上がるでしょう。
種のない完熟きんかんもあれば良いのですが・・

atu--- 2008/03/26 1:19 AM---
知事も日向夏というネーミングを変えてみようか
なんて言ってたみたいですが(名前だけでわない気がするが・汗)。

しょうゆだったりお砂糖だったり
いろいろ食べ方がある蜜柑もあまりないですよねー。

この間ニュースで品種改良で
手でむけて薄皮ってのが紹介されてましたね。

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI