ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< みやざき観光カレンダー2008年版 | ひむかブログTOP | ホークスキャンプ 生目の杜運動公園 >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

宮崎神宮大祭(神武大祭)

 宮崎神宮「神武さま」の愛称で親しまれている秋の風物詩ともなった宮崎神宮大祭の御神幸行列・御神賑行列が宮崎市の宮崎神宮より同、瀬頭御旅所までの区間(約4Km)で27日(土)(往路)28日(日)(復路)両日行われました。

宮崎日日新聞の10月26日付、神武さま特集記事によると
引用:「宮崎神宮によると、神武大祭は宮崎の人々の暮らしと発展を神武さまに見ていただこうと例大祭後に境内や神宮周辺をみこしが練り歩いたのが始まりで、明示42年(1909)に神武天皇の魂が乗る御鳳輦(ごほうれん)が新調されたのを機に御神幸行列と神賑行列が中心市街地を練り歩く現在のスタイルとなったという。/」引用終わり

この祭りが来ると、例年宮崎も本格的な秋の到来を感じるわけではありますが・・
いやぁ・・今年はほんと暑いこと、暑いこと、見学はTシャツ一枚でした。
最高気温28℃くらいありましたし、きっと行列の方も暑い思いをしたのではと?と。

 神武さま 獅子舞
 拡大画像、もっと大きい画像にしたいのですが一般の方の肖像権が・・

 例年のように、獅子舞を先頭に、御神幸行列は始まり、流鏑馬(やぶさめ)武者、黄色い装束の担ぎ手たちによる御鳳輦(ごほうれん)、着飾った稚児達、流鏑馬行列、こども太鼓に続き、御神賑行列のシャンシャン馬、古代船おきよ丸、日向木剣踊り、商工太鼓隊等々が練り歩いた訳ですが、今年は復路に都城市山之口町に伝わる身の丈4メートルの巨人人形「山之口弥五郎どん」も参加しました。

 神武さまの行列で一番最初に連想するものと言えば・・やはり御神賑行列の華とも言える「シャンシャン馬」ではないでしょうか。

シャンシャン馬のお嫁さん役は各協賛企業から選ばれており、今年は宮崎銀行・太陽銀行・山形屋・宮崎放送・雲海酒造・宮崎空港ビルの社員の方の中から選ばれた6名の方が花嫁となっておりました。

 シャンシャン馬 宮崎神宮大祭
 この団扇みたいなの、見る側からはちょっと邪魔だったりする(^^;)

何枚か写真を撮りましたが・・私が撮影した中ではこの方(太陽銀行の方)の表情+「手」が良かったので掲載させていただきました。
そういえば、白馬ってあまり見た記憶もなかったうような・・・

 宮崎神宮大祭 シャンシャン馬

一応祭りに参加されていて、ミスシャンシャン馬の方たちは新聞等にもプロフィール公開されているので、この程度の写真掲載は問題ないと判断して掲載しておりますが、不都合等ありましたら削除させていただきます。

シャンシャン馬の解説 
「みやざきのうたと芸能」を参考に記載

この辺りでは大正の初め頃まで新婚夫婦が宮参りをする風習があり、夫婦は農閑期を利用し、鵜戸神宮へと出掛けた。
初日は宮崎から内海道の駅フェニックスの少し南側)まで歩き、港の宿に1泊。
翌日はサボテンハーブ園(閉園)のあった場所の裏の旧道をたどり、鵜戸神宮境内の宿房に1泊。
3日目は再び七浦七峠を回って内海の宿に戻り、馬をひいて出迎えに来た親類縁者と、打ち上げを兼ねての宴席、というのがおおかたの日程であったそうです。
そして次の朝、晴れ着に着替えた花嫁を飾り立てた馬に乗せ、花婿が手綱を取ってわが家へと向かった。
馬の首に掛けた鈴の音が「シャン♪シャン♪」と鳴った事から「シャンシャン馬」と名づけられたとも言われている。

シャンシャン馬の風習は、日南市の駒宮神社が発祥地とされている。

神武大祭でのシャンシャン馬、かつて花嫁役は県内の各市から代表者が選ばれており、当時、市の代表に選ばれるのは大変名誉な事だったと母が申しておりました。




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

弥五郎どん来る

隼人族の長だったといわれる弥五郎どん、山之口の弥五郎どんが今年、御神賑行列復路に登場した。

 弥五郎どん 神武大祭御神賑行列にて

ひむか神話街道:50の物語集 弥五郎どんの巨人伝説より

弥五郎どんは隼人族の長

今から1300年ほど前、南九州に住んでいた「隼人」と呼ばれる一族と当時の大和朝廷(第12代景行天皇の時代)との間ではげしい戦いがくり広げられました。このときの隼人族の長が、大男、弥五郎どんだといわれています。

弥五郎どんは三人兄弟

毎年11月3日に行われる「弥五郎どん祭り」は現在、山之口町の的野正八幡宮、鹿児島県大隅町の岩川八幡神社、日南市の田ノ上八幡神社の三ケ所で行われています。
弥五郎どんは三人兄弟との説もあり、山之口の弥五郎どんは長男(次男が大隅の弥五郎どん。三男が日南の弥五郎どん)と伝えられています。

今年の宮崎神宮大祭(神武さま)は、沿道では両日共、約75,000人(主催者発表)が行列を見守ったとの事。

next2006年の記事・「神武さま広場」で神楽を
next2005年の記事・宮崎神宮神武大祭
next今回(2007年)の神武さまの写真のページです。
next2008年の記事・宮崎神宮大祭と平家まつり

余談
弥五郎どんの写真を拡大してみてください。右奥の建物の上に、過去に書いたドリームプレス社の記事中の看板の骨組だけが見えます(^^;)

 11月2日(金) TBSテレビ 20:00〜20:54
 大好評!宮崎PRの旅番外編 放映予定
 今回のはグルメ主体でしょうから筆者はあまり興味なし^^;)

現在、この神武さま御神幸行列のコース周辺(220号線)は、景観上の配慮から電線は地下埋設となっており、電柱や空中の電線がありませんので見た目にも良いです。
これは自慢出きるものだと思います。

ひむかブログ2[宮崎神宮大祭(神武大祭)]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 宮崎観光関連01 | 2007.10.29 Monday | comments(9) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2007/11/12 9:03 PM---
HIRO_0503さん
確かに市を代表するまつり、イベントがありません。
新しい夏のまつりもいろいろ試行錯誤しているようですが、やはり伝統ある、宮崎らしい、さらに時代にあったお祭りとして、益々盛り上がるものとなると良いですね。

うおさん
なかなか難しい部分ではありますね。

HIRO_0503--- 2007/11/10 5:47 PM---
他の所と比べると 代表的なイベント(お祭り)がない宮崎なので
宮崎らしい、お祭りとして
成大になるといいなぁ…と願います。@^^@


うお--- 2007/11/10 2:51 PM---
> 入賞目的に作を選ぶようでは

いやいや、本来の目的から外れている私の方こそ、空気読めない度満点です…(^^;

MORIMORI--- 2007/11/05 12:06 AM---
 うおさん こんばんは 
3日はいろいろなイベントがあり迷いませんでしたか?

>「自分の体感した祭りは、こんな感じでしたよ」っていうのが伝わる写真をセレクトしてます。

確かにおっしゃるとおりです。
入賞目的に作を選ぶようではまだまだ私は修行が足りませんね。(反省)

うお--- 2007/11/02 12:23 PM---
> 弥五郎どん

3兄弟でも大きさが異なるんですね。そういえば、大きいという期待は、飫肥の弥五郎どんの写真を見たことがあったからかもしれません。
あとの二人を見る機会があったら、チェックしてみます。

> フォトコン

そうですね、お祭り系のフォトコンは、(展示会などで)その祭りをアピールするという意味合いがありますから、主催者の意向に沿っているかどうかは重要ですね。
私は、そのへんはあまり気にせずに、「自分の体感した祭りは、こんな感じでしたよ」っていうのが伝わる写真をセレクトしてます。

MORIMORI--- 2007/11/02 6:58 AM---
うおさん こんにちは
弥五郎どんは山之口の弥五郎どんの館で一度見ておりましたが、片側3車線の幅広道路で見ちゃうと確かにスケール感が鈍り、それほど大きさを感じませんでしたね。
御神幸行列に使うには道路を横たわる電線の高さ等も考えておかないいけませんからあまり高さがあるものだと厳しいかも知れませんし、程よい大きさなのかも知れません。
3兄弟だと日南(飫肥)のものが一番大きかったんじゃないでしょうか。
フォトコンには全くと言っていいほど応募してないですね、伸ばして梱包して送るのがメンドクサクって(^^;)
この種のフォトコンは”主催者が欲しい写真をよむ”のが重要ですよね(^^)
今回(も)主催者が欲しいような作品がない・・・応募は厳しいかな。

うお--- 2007/11/01 12:57 AM---
おつかれさまでした(^^ 残念ながら、今回はお会いすることはできませんでしたね…。

弥五郎どんは、もう少し大きいかと思っていたので、少々、肩透かしを食らった思いでしたが、神武さまの盛り上げに一役買ってくれたのはありがたいですね。

そういえば、MORIMORIさんは、フォトコンには応募されないのでしたっけね?! 年を追うごとに盛り上がりを見せているので、お手持ちの中から出せるものがあれば、ぜひとも応募していただきたいです(これも地域活性につながる…かも ^^;)。

MORIMORI--- 2007/10/31 10:37 PM---
HIRO_0503さん こんばんは
神武大祭ですが、盛大と言えば盛大ですが、人間欲なもので、例年同じというところが少し物足りなさを感じてしまいますね。
今年は弥五郎どんとかにも参加してもらって見る側は興味深かったし、毎年少しづつ変わってくれた方が良い気もします。


HIRO_0503--- 2007/10/30 8:03 PM---
神武様
今年も成大だったでしょうか?
花嫁さんの表情、いいですね。@^^@

弥五郎どんも出たのですね。^^


コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI