ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< 宮崎観光文化検定 | ひむかブログTOP | キバナホトトギス 加江田渓谷 >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  

サシバの渡り 金御岳

サシバの渡り 金御岳 00

サシバ?

サシバ」と聞いてそれが鳥の名前である事がわかる人は少ないと思います。
私も昨年まで知りませんでした、実は「挿歯」を連想しておりました(^^)
「サシバ」は、タカ目タカ科サシバ属に分類される渡り鳥です。

サシバの渡り

サシバは4月頃に夏鳥として本州四国九州等へ来て、里山で繁殖や子育てをし、秋に東南アジアやニューギニア等で冬を越す為に再び3千キロの長い渡りを一斉に始めます。
天候等、諸条件にもよると思いますが、サシバの飛行速度は約40キロメートル、サシバの一日の飛行時間は約12時間だそうです。

都城市の金御岳は日本でも有数のサシバの渡りの観察ポイント

宮崎県都城市にある標高421メートルの金御岳はこの「サシバの渡り」のコースであり、日本中のサシバが南へ向かう途中にこの辺りを通る。
「サシバの渡り」を観測するのには絶好のポイントで「渡り」のシーズンになると県外からも多くの野鳥ファンが訪れます。

金御岳で秋のサシバの渡りがピークとなるのは例年10月10日をはさんで一週間前後です。
(日本野鳥の会宮崎県支部によると今年も20日頃まで観察出来そうとの事です。)

昨年(2006年9月10月)のDATA 
 9月19日〜10月18日 16,350
 1,000羽以上が観測された日 
 10/3(1,402)10/6(2,562)10/10(2,709)10/11(1,037)

今年も10/5現在まで 5,964が観測されています。
(サシバの渡り数情報:日本野鳥の会宮崎県支部調べ)

おそらく今年も昨年同様にこれから1週間程度の内にピークを迎えると思います。
皆様も秋空高く昇る鷹柱を見学に出かけてみてはいかがでしょう。
(金御岳のサシバ観測ポイントまでは車で登る事が出来ます。)

「サシバの渡り」見学は朝、夜明け、日が昇る頃からをお奨めします。
ピーク時の朝は、付近の森に前日入りしたサシバが木の上に留まり、飛び立つタイミングを見計らっているシーンを間近に見る事が出来ます。
午後になると鷹柱、渡り(流れ)を含め、あまり見る事が出来ません。
肉眼でも確認できますが、双眼鏡等はお忘れなく。

 サシバの渡り 金御岳 01




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

 サシバの渡り 金御岳 002

 サシバの渡り 金御岳 003

写真は都城盆地より金御岳に沿って駆け上がる上昇気流を受け、数百羽ものサシバの群れが頭上で激しく旋回しながら高く舞い上がっていく「タカ柱」です。(昨年撮影)

これは身震いする程に感動します。

金御岳で上昇気流に乗ったサシバは、鹿児島県の佐多岬辺りの上空を通り、命を賭け南へと向かいます。
海上で力尽きてしまうサシバも少なくないという。
目的地へのルートは、昼間太陽光線、夜間星座で方位を決めるという。

今年は全国的に例年と比べなかなか気温が下がらず、サシバの渡りは遅れているとの事。
台風が南洋にいたり、こちらの天候も良くなく、無事にみんな渡れるであろうか・・と、心配しております。

詳細は「金御岳のサシバの渡り」ページをご覧ください。

画像BBSにサシバ話題がありましたのでリンク。

 雲海に浮かぶ霧島連山
 
 [プチ雲海に浮かぶ高千穂峰をはじめとする霧島連山@金御岳]

霧島の名前は、このように連山が、都城盆地に発生する霧の中に浮かぶ島に見えたことから霧島と呼ばれるようになったという・・。 

  説もある・・・らしい。(サシバ見学の際、金御岳にて撮影)

*霧島連山の高千穂峰は照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令での迩迩芸命(ニニギノミコト)が降り立った(降臨)ところつまり「天孫降臨」の地とも言い伝えられている。

(天孫降臨の地は、宮崎県北部に位置する西臼杵郡高千穂町の二説がある。)

NHK番組放送のご案内。
「秋 里山の音景色 〜風が運んでくる実りのとき〜」
 BShi 11月26日(月)午後10:00〜10:45
 金御岳が約7分間ほど、サシバの渡り含め画面登場するそうです。

2008年に書いた記事→ サシバの渡り 都城市金御岳

ひむかブログ2[サシバの渡り 金御岳]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 風土、自然、他 | 2007.10.06 Saturday | comments(2) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2007/10/23 8:58 PM---
amiesさん こんばんは
私は正直言って、昨年までは鳥には全く興味ありませんでした。
昨年、たまたま、日本野鳥の会の会員誌「野鳥」のある特集記事関連で、当方撮影の宮崎の写真を何点か使って頂く機会があり、そんなこんなでサンプルで送付頂いた会報誌を読んでいて金御岳で見る事が出きるサシバにおおいに興味を抱いたのです。
サシバはそれ以前に当サイト宮崎の画像BBSでも時々書いていただいているh2940さんからも情報を得ておりました。
昨年、近場の公園を含め実は何度もサシバを見れるところへ出かけました。
現地では、地元の野鳥愛好家の方等にいろいろ教えて頂いたり大変勉強をさせていただきました。
最後に「金御岳」へ出かけたのですが、その時は肉眼で鷹の顔がわかる位の頭上まじかで旋回、100羽もの鷹柱、これから命をかけて海を渡ります。涙が出る位の感動を覚えました。
このような営みが毎年普通に行われているのにもかかわらず、我々一般人は全く気がついていないんですよね。
ほんと自然は夢を、力を、感動をくれます、素晴らしいですね。

amies--- 2007/10/22 1:25 PM---
MORIMORIさん、こんにちは*^.^*
サシバの記事、とても静かな気持ちで感慨深く読みました。
動物は、偉いなぁ〜といつも感心させられます。
人間は、生きることが働くことが、辛いだとか面倒だとか…。
少しでも、楽な方に楽な方へと、そんなことばかり考えて…。
動物たちは、地球に生命が誕生したころから今まで、何の疑問も持たず、
ずっと変わらず懸命に、生命の営みをくり返してきたのでしょう。

宮崎の大自然と降臨のお話と共に、サシバの記事を感慨深く読みました。
素敵な記事、ありがとうございます。

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI