ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< 「神話と伝説の国 宮崎」切手シート | ひむかブログTOP | 木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)からのメッセージ >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  

天孫降臨の地、両高千穂 放映

 またまたテレビの話題ですが・・。
今日、TBSの「クイズ日本語王」という番組中で宮崎が紹介された。
(クイズと日本語王の間には!があるがここではあえて削除している^^:)
番組中、天孫降臨の地として、高千穂町霧島の高千穂峰が紹介され、高千穂のロケでは東国原知事も出演していた。

今回、高千穂町のロケでは、もちろん高千穂峡等も出てはいたが、今回は神話「天孫降臨」というテーマが表に出ていて、高千穂の著名観光地地とはまた別の、高天原遙拝所(たかまがはらようはいしょ)や、くしふる神社等、いわばあまり有名ではないコアなところが紹介されていたのは嬉しかったりする。 
実は私もこの辺り一帯は何度か行き、撮影はしております。
しかしながら、写真にしたとき、その地を説得できる絵にならず・・いつしかお倉入りになったところも数多く・・。
くしふる神社だけでしょうか・・UPしてあるのは。
この辺り一帯は、観光する人も殆どいず、厳か、まさしく天孫降臨の地に相応しい雰囲気です。
くしふる神社は、長い階段を登りきった直後に神社の拝殿がせせり建っており、当時の28mmデジカメレンズでなかなかフレームに収まらず撮影に苦労した思い出が・・。

天孫降臨のおさらい。

天孫降臨は天照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令で孫の迩迩芸命(ニニギノミコト)を地上の国へとつわかし、天孫による支配を確立するきっかけとなった。
迩迩芸命(ニニギノミコト)が降り立った所を、古事記では「筑紫(九州)の日向の高千穂のくじふる峰」、日本書紀では「日向の高千穂のニ上の峰」 と伝えている。

天孫降臨の地は高千穂町と、高千穂峰(宮崎県西諸県郡高原町)とする二説がある。

江戸時代の国学者、本居宣長はどちらとも決めがたい「両方である」という折衷案を出しているという。

「天皇家のふるさと日向をゆく」の著者 哲学者の梅原猛さんは 宮崎県発行季刊誌「Jaja」のインタビューで「霧島には高千穂という山(高千穂峰)はあっても地名は無く、稲作にも向いて無い事から、高千穂町と考えるべきかも知れない。」とコメントしている。

next宮崎県季刊誌「Jaja」じゃじゃ
nextひむか神話街道:50の物語集

私は、本居宣長に賛同かな・・どちらも天から神が今にも降りてきそうなそんな場所です。
next(資料)天孫降臨・高千穂論争(2つの高千穂)高千穂町教育委員会

 高千穂峰 夕日

高千穂町で放送は終わるかな〜と思っていたら、高千穂峰登山まで取材ありました。(スバラシイ!)
(知事は宮崎音楽祭に出席という事で行けませんでしたが・・無ければ登っただろうなぁ・・)
(宮崎音楽祭前には宮崎市内でピーマンをセールスしてたという噂も^^;)

御鉢まで登ったところで天候が思わしくなく、出演していた「クワバタオハラ」は高千穂峰頂上にある天の逆鉾は断念、後日、登頂したガイドと取材陣スタッフよる撮影の「天の逆鉾」の映像が放映されました。

 上記クワバタオハラのサイトより当日の記事引用
 21 May.2007 高千穂の峰
日本語王ロケ 宮崎にて。
今日は宮崎県知事・東国原氏と一緒にロケをしました!
そのまんま東さん時代、にもお仕事をご一緒した事なかったので、やや緊張!
でも、スッゴイ気さくな方で優しかった〜〜(^_^)
そもそも目的は、知事に「神様が降臨した場所」を教えてもらうはずやったけど、すっかり宮崎・高千穂観光を堪能したクワオハでした(^_^;)
写真は、知事と別れ、神様が降り立った場所?「高千穂の峰」にて。
何故あたくし小原がいないか?!
オンエアみてくだされ。
ここやばいっからっ。
 小原さんは高所恐怖症なのか御鉢へ登る途中でリタイヤされておりました。
当方が登ったときのページを紹介します。→ 高千穂峰登山レポ

こういう番組が放映されると番組放映中からWebPageへのアクセスも増えます。




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

以下は、番組放映中直後の20分程度の間、当サイトへ検索サイトよりいらした方の関連ワードを抽出したものです。

天の逆鉾 17.6%
高千穂の峰 17.0%
高千穂峰 14.9%
高千穂 5.1%
くしふる神社 3.3% 高千穂峰 天の逆鉾
高千穂峡 3.0%
宮崎県 高千穂峰 1.5%
高千穂のみね 1.2%
天孫降臨 高千穂 1.2%
高千穂 逆鉾 0.9%
高千穂 峰 0.9%
天孫降臨の地 0.9%
高千穂の峰 天の逆鉾 0.9%
宮崎 天孫降臨の地 0.6%
宮崎 高千穂 0.6%
真名井の滝 0.6%
天照大神 画像 0.6%
宮崎県 峰 剣 0.6%
宮崎県天孫降臨 0.6%
天孫降臨の地 高千穂の峰 0.6%
天孫降臨 高千穂峰 0.6%
高千穂峰 登山 0.6%
天孫降臨の地 高千穂峰 0.6%
高千穂峰 天の逆鉾 0.6%
高千穂峰 宮崎県 0.6%
高千穂 鉾天の逆鉾 0.6%
天孫降臨 宮崎県 登山 0.3%
高千穂 天孫降臨 0.3%
天孫降臨の地 高千穂峡 0.3%
天のさかほこ 0.3%
高千穂峰 天孫降臨 0.3%
天孫降臨の地 高千穂の峰 頂上 0.3%
天の逆鉾 高千穂の峰 0.3%
高千穂の峰 登山地図 0.3%
高千穂の峰 坂本龍馬 0.3%
宮崎県 高千穂の峰 0.3%
天の逆鉾 宮崎 0.3%
天孫降臨 写真 0.3%
高千穂峰 剣 0.3%
霧島 登山 0.3%
天の逆鉾(あまのさかほこ) 0.3%
天孫降臨 天の逆鉾 0.3%
高千穂に峰 0.3%
宮崎県 天孫降臨 0.3%
高千穂の峰 天孫 0.3%
天孫降臨 宮崎 鉾 高千穂峰 0.3%
天孫降臨高千穂の峰 0.3%
高千穂の峰 天 0.3%
宮崎 神話 神楽 0.3%
高千穂峯 0.3%
宮崎 登山 0.3%
宮崎 天孫降臨 画像 0.3%
くじふる峰 0.3%
天の逆鉾 謎 0.3%
天孫降臨の地 天逆鉾 0.3%
高千穂 天孫降臨 剣 0.3%   以上 関連ワードのみ抽出

高千穂町が、そうめん流し発祥の地として全国的に紹介されたのは嬉しかったりする。

PS:上のタイトルの写真の左の一番高い山が高千穂峰です。

next 日向神話を系図にまとめたものです。

[追記]
TBS「クイズ日本語王」11月14日もしくは21日OAで再び宮崎県が出るそうです。
 今回は 江田神社青島神社鵜戸神宮とか。

[追記]
ページ作成につきリンク追加 二上山・三ヶ所神社奥宮


 関連ページ 高千穂観光のページトップ
 

[ひむかブログ2:天孫降臨の地高千穂放映]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 宮崎関連テレビ番組 | 2007.07.04 Wednesday | comments(16) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2010/12/29 8:14 PM---
カミタクさん こんにちは
神話についての解釈は、人それぞれ、あってしかるべきかと思います。
私も、目下いろいろ勉強中です。
ご意見ありがとうございました。

カミタク(URL欄リンク先は「高千穂峰登山記」)--- 2010/12/26 1:30 PM---
【リンク報告】
こんにちは。カミタクと申します。

私が運営しております、鹿児島県内外の温泉と観光スポットを紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「高千穂峰登山記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN48.HTM
から、この貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

2つの「高千穂」候補は共に宮崎県にある訳ですが、私は、以下のような仮説を考えています。
・神話は、神話そのもの自体は史実ではないが、史実が神話化して残ったものである。神話そのもの自体を史実をみなす皇国史観も、神話は史実ではないとして100%比定する文献批判論も、双方共に方法論としては非科学的であり誤っている。神話はそれ自体は史実ではないが、基になった史実はあると想定した上で、文献と遺跡を総合的に矛盾無く説明可能な仮説を立てていくことが、科学的方法論である。
・魏志倭人伝の卑弥呼とはすなわち「日巫女(日の巫女)」のことであり、これは「オオヒルメノムチ(日(太陽)に仕える巫女)」である「神話上の天照大神の基になった実在の人物」と同一人物である。
・天孫降臨神話や神武東征の基になった「神話化される前の史実」は存在するが、皇紀のような2600年も前の話ではなく卑弥呼の時代、記紀神話の元になった史実は3世紀に起きたものである(前提として、安本美典氏が推測統計の手法で仮定しているとおり、皇室の古代の在位年数を記紀にあるようなトンデモナイ医学的にあり得ない長い年数ではなく10年強として計算すると、記紀の神話時代の記述は3世紀になる。)
・邪馬台国を九州北部(恐らくは福岡県甘木・朝倉地域の平塚川添遺跡)に比定すると、邪馬台国と戦争を行った狗奴国は、その官職名「狗古智卑狗(クコチヒコ)」から推測して熊本県に比定可能である。天孫降臨伝説とは、邪馬台国連合側が現・熊本県を包囲するべく旧日向国に進出した軍事作戦が神話化して残ったものである。このことは、軍事戦略の見地から自己チェックを入れても妥当である。
・この時期、後の薩摩国と大隅国は日向国から分かれていないため、旧日向国には現・鹿児島県も含まれる。
・包囲網を確立しようとする仮定で、高千穂峡を経て高千穂峰を経て現・鹿児島県に入った。このため、高千穂への天降り伝説が高千穂峡にも高千穂峰にも残されている旨に、実は矛盾は無い。単にタイミングの差であるに過ぎない。
・タイミングの差であるに過ぎないと想定した上で、実際にのぼってみると高千穂峰は「地理上の偵察のための、国見の山」に適切な山であるため、記紀神話に神話化されて残った「天孫降臨伝説の高千穂」は高千穂峰のことである。ニニギノミコト(の神話の基になった実在の人物)は、高千穂峰で地形を確認した後に薩摩国方面に進出し、笠沙の地元勢力の指導者と政略結婚した。
・しかし、海幸彦・山幸彦の神話上、皇祖神(の基になった実在の人物)の職業が農業ではない旨に象徴されるとおり、土地の実効支配に失敗した、つまり(薩摩・大隅を含む)旧日向国での勢力確立に失敗したため、曾孫の神武天皇の時代に旧日向国(の中の、特に、薩摩・大隅地域)から撤退せざるを得なくなった。この撤退後、東に進出した史実が後に神話に化けたのが神武東征神話である。



MORIMORI--- 2008/03/09 9:37 PM---
193さん こんばんは
あの辺りは団体とかの観光客はいなく、というか・・人影もほとんどない・・オススメのパワースポット?です。周りの木々からはマイナスイオンも降り注ぎます。是非癒されて来てください。

193--- 2008/03/08 8:17 PM---
MORIMORIさんご親切にありがとうございます!!!
時間を見つけてくしふる神社と高天原遙拝所へ行ってみたいと思います。高千穂の自然パワーに癒されてきます☆
本当にありがとうございました。



MORIMORI--- 2008/03/07 1:07 AM---
193さん はじめまして
番組では高千穂町では、高天原遥拝所とくしふる神社がでていたと思います。
昔撮影していた写真で先ほど高天原遥拝所のページを作りました。
現地で撮影していた地図もありますので参考にしてみてください。
自動リンクしないのでアドレスバーへコピーペーストをお願いします。

◆くしふる神社
http://www.pmiyazaki.com/takachiho/kusihuru.htm
◆高天原遥拝所(タカマハラヨウハイジョ)
http://www.pmiyazaki.com/takachiho/takamagahara.htm

193--- 2008/03/06 9:17 PM---
初めまして。高千穂のことでどうしても調べたいことがあり、こちらのブログにたどり着きました。記事にもある「クイズ日本語」で紹介された場所に何が何でも行ってみたいのです。先日、曖昧な記憶をたよりに高千穂へ行ってみたのですが、求めている場所とは違ったようにありました。あの番組で放映された場所を詳しく教えていただけませんでしょうか?ブログの記事やみなさんのコメントもきちんと読みましたが、土地勘がないもので、わからないのです・・・古い話で大変申し訳ないのですがどうかよろしくおねがいいたします。

MORIMORI--- 2007/11/15 8:58 PM---
神話王道さん はじめまして。
大変貴重なご意見ありがとうございます。
霧島六社は、実は私も大変興味のあるところです。
しかしながら、このサイトでは、天孫降臨の地は「両、高千穂である」
という
スタンスは維持したいと思っております。
どうか、そのあたりをご理解頂きますようお願い申し上げます。

神話王道--- 2007/11/13 12:04 AM---
残念ながらメディアに惑わされている方が多いようです。
天孫降臨について古事記・日本書紀を読んでいけば霧島連山の高千穂の峰です。
そして往古高千穂の峰の中腹に鎮座していた「霧島岑(みね)」神社というお宮が天孫降臨に深い関わりがある神社です。分社霧島神宮の本宮でもあり、歴史書「続日本後記」「日本三大実録」にも記載されている宮崎でもかなり由緒のある神社です。
諸説がありますが、神様はPRしません。
言上げ(ことあげ)しないことをいいことにいつの間にか違うことが広まって現代では認識されています。

MORIMORI--- 2007/07/27 11:01 PM---
hiro_0503さん こんばんは
夜でも外はビニールハウスの中の様・・
路地物完熟マンゴーが育ちそうなくらいの暑い日が続きますね〜
宮崎が全国メディアで紹介されるようになってからのアクセスは確実に伸びてます。
旅番組一本あると該当ページに数千のアクセスが短時間にあります。
番組に出て来た場所を調べる一見さんが主なのですが、そのうち何名かでも他の宮崎の観光地を見ていただけると嬉しいのですけどね、ブックマークに入れていただけるともっと嬉しいのですが(^^)
例年だと、夏は観光客が来ない時期であります。
ですが今年はなんとなく多いみたいです。
県庁でさえ4月から既に5万人超える方がいらっしゃるくらいですからね(^^)

hiro_0503--- 2007/07/25 12:36 PM---
こんにちわっ。
梅雨があけ さすがに暑い日が続いてますね。^^;
東国原さん効果なのか TVで宮崎をとり上げてもらえてますね。
やっぱり その影響で こちらのHPを検索して来られる方も
増えたのではないですか?@^^@

MORIMORI--- 2007/07/11 11:25 PM---
amiesさん こんばんは
最近高千穂話題を続けて書いておりますが、いつか、また、いらしてください。
SFXで古事記を映画にしてくれれば良いのにな〜とか考えりする。
ニニギノミコトの配役はさて誰が適役だろう? コノハナサクヤヒメは ?

amies--- 2007/07/09 6:12 PM---
MORIMORIさん、こんにちは*^.^*
こちらの記事を読んで、今回はじ〜んとした私でした。
最近、めっきりお墓参りに行けていない私ですが、私のルーツに
そのような神話や説があると思うと、感動せずにはいられません。
子供の頃に観光した場所を、神聖な気持ちで思い出していました。
元気一杯で明るい宮崎。そして、神様が降臨された宮崎。
なんとも不思議で神聖な宮崎は、本当に魅力溢れる土地ですね。

MORIMORI--- 2007/07/07 8:48 AM---
【よんくまさん】 はじめまして
お母様が五ヶ所出身との事、夏の帰省が楽しみですね。
くしふる神社あたりも一度訪ねてみてください。
杉木立の中とは言え夏の日中はちょっと暑いかも知れませんので朝早くがお奨めです(^^)
「三秀台」良さそうなとことですね、実は私はまだ行った事がありません。
展望台から、祖母山・九重山・阿蘇山が一望できるとか・・
夏は涼しそうですし、是非出かけてみようと思います。

【ふたがみっこさん】 はじめまして
放送全部ご覧になれなかったようで、残念でしたね。
番組に出ていた神社は「くしふる神社」でした。
二上神社と外観が非常に似ているので間違えるのも無理はないと思います。
二上山も天孫降臨の地の一つとされておりますね。
いつもは録画保存しておくのですが、消してしまいました(^^;)
先日知事は韓国のソウルに宮崎を売り込みに行っておりましたが、
その時持参した宮崎の手土産はうずめとたぢからの神楽の面でした。
高千穂もここへ来て一段と脚光を浴びて来ました。

【おかきさん】 おひさしぶりです。
夏のキャンプはどちらへ?久住辺りでしょうか?
おかきさんも神楽がお好きでしたね。
番組で紹介されていた高千穂峡にある鬼八(きはち)の力石が高千穂神楽で登場する場面はありません。
出雲系の神楽とはまた違いますので晩秋から始まる宮崎の夜神楽を是非見にいらしてください。

よんくま--- 2007/07/06 4:27 PM---
はじめまして☆
わたしも番組見ましたよ!たまたまですが。
東国原知事のせいか、最近よくテレビで紹介されますよね。
うちの母が五ヶ所出身で、毎年夏は帰っているんですよ。
真名井の滝とか出て喜んでいたのですが、くしふる神社は知らなくて、そんな自分にショックでした;
今年はいってみようかなぁ。
三秀台は紹介されないのかなぁ?

ふたがみっこ--- 2007/07/06 12:47 PM---
こんにちわ!
水曜日の放送を見逃してしまった(T^T)、高千穂出身の者です。
こちらでは野球中継の予定だったもんで、ノーマークだったんです。たまたまチャンネル放浪の旅をしていたら、「二上山」の二文字が目に飛び込んでびっくり!実家に電話したら、「さっき有線放送でいよったからみたぞ」と他人事のよう。教えてくださいよ〜おっかさん、と嘆いてしまっておりました。
どんなところがでていたのか全然わからず、誰か録画していないか探しておるところでございます。ネットでも検索しているのですが、TBSのHPでも詳細わからず。で、こちらのブログにたどり着いたわけでございます。
放映されていた高千穂(町)ロケの最後の画は、くしふる神社だったのですね。てっきり二上神社だと思いこんでおりました。大体どこいらへんが登場したのか少しでも知ることができてうれしかったです。ありがとうございました。
新知事のおかげで、今や遙か遠い故郷九州宮崎が今どんな風に変わっているのか知ることができてうれしい限りです。がんばれ!宮崎!
失礼しました。

おかき--- 2007/07/05 6:30 PM---
この番組、私も見ました。

地域の地名等は、色んな由来があって、面白いですね。
「高千穂神楽」には、放送にあったような、「天孫降臨」や、岩をお手玉にしていた鬼を、退治するような神楽が、あるのでしょうね。
一度、神楽好きの私たちは、見たいと、話しております。

高千穂峡は、一度は訪れて見たくなるような、良い響きのある地名ですよ。

宮崎県は、今知事が、変わってから、日本一有名な、県になりつつありますね。
県政も、良くなる事に、期待したいですね。

お盆には、九州のある所で、避暑と湯治キャンプに出かけますよ!!

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI