ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< 皇子原公園の彼岸花(ヒガンバナ) | ひむかブログTOP | 青島裸参り (新春の禊 青島裸まいり) >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  

銀鏡神社大祭・銀鏡神楽(国指定重要民俗文化財 米良神楽)

今年も、西都市、銀鏡神社(しろみ神社)の大祭で、銀鏡神楽(しろみ神楽)が奉納されました。
毎年、遠路、関東・関西方面からいらっしゃる方も多く、今年も、多くの方がいらして賑わっておりました。
少しだけですが、写真で紹介します。

宮崎の神楽と言いますと、まず、「高千穂の夜神楽」を連想される方も多いと思いますが、宮崎県下には、多くの夜神楽や昼神楽が伝承されていおります。
銀鏡神楽は、登録呼称「米良神楽」として、高千穂の夜神楽よりも先に、1977年(昭和52年)5月、宮崎県下では一番先に、国の重要民俗文化財の指定を受けた神楽です。
県下で国の民俗文化財に指定された神楽には、椎葉神楽、高千穂の夜神楽、高原の神舞(祓川神楽・狭野神楽)がありますが、いずれも複数の神楽の総称での指定ですが、「米良神楽」は銀鏡神楽を指します。

銀鏡神楽は12月12日より始まる、銀鏡神社大祭の際に舞われ、夜神楽は12月14日〜15日に行われます。

12月14日の神楽は周辺の神社、つまり、宿神社、六社稲荷社、手力男社、若男社、七社稲荷社から神々を迎える「神迎え」(「面さま迎え」とも呼ばれる)の儀式で始まります。

神迎え

平成23年 銀鏡神楽 01

鵜戸神楽、第六番、鵜戸鬼神は鵜戸神宮に関するもの。記録によると、鵜戸神宮(当時:鵜戸山道場)の別当を務めた浜砂淡路守重賢が鵜戸で習得した神楽を銀鏡に帰郷して伝えたとされている。

平成23年 銀鏡神楽 02
[鵜戸鬼神]


西之宮大明神
銀鏡では神楽面そのものが神様として考えられており、神楽番付の前半では、この神々が次々に降臨します。(降居(おりい)と称しています。)これら神々の舞は、神主や宮司によって舞われる厳粛なものであり、鎮守社や摂社の神々が登場するのは米良系神楽の特徴です。
 
平成23年 銀鏡神楽 03
[西之宮大明神]





つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

平成23年 銀鏡神楽 04
[宿神三宝荒神]


平成23年 銀鏡神楽 05
[若男大明神]


平成23年 銀鏡神楽 06
[六社稲荷大明神]


平成23年 銀鏡神楽 07
[七社稲荷大明神]



神楽は総じて、狩猟や、焼畑農業を中心とした山の暮らしを色濃く伝えるものですが、中でも15日の午後より行われる狩の暮らしを狂言風にした“ししとぎり”(狩法神事)は銀鏡神楽を代表する神楽のひとつです。平成23年 銀鏡神楽 08
[神崇(かんしい)]



当サイト内、銀鏡神楽のページもご覧下さい。 銀鏡神楽
平成21年撮影、銀鏡神楽二番以降シシトギリ含む。 銀鏡神楽全番付−1

余談・・・
私、怖ーい表情の、六社稲荷大明神様が好きでして、“カグラー”な私はケイタイ待ち受けにも使わせていただいてたりします(^^;)
銀鏡神楽では必ず、蕎麦を頂きます。十割の田舎蕎麦は、うどんより太い、ぶっとい蕎麦、とにかくうまいんです! あー 思い出しただけでまた食べたくなりました。たまりません(笑)

宮崎の神楽
日向神話が伝わる宮崎県下では、一年間に350近い神楽が各地で舞われているそうです。
同じ日に複数の場所で舞われていることも多い為、宮崎県内の神楽をくまなく見る為には約50年かかるとのこと。
今週末は、お隣の西米良村では「村所八幡神社大祭」です。村所公民館(児湯郡西米良村村所91-13)で12月17日午後7時〜18日朝7時まで今季、西米良地区神楽の最後となる「村所神楽」が舞われます。

宮崎の神楽に関するお勧め本の紹介 (私の愛読書です。)

宮崎の神楽―祈りの原質・その伝承と継承
国内配送料無料(ページ作成時点での情報)
山口保明著
みやざき文庫2 出版社: 鉱脈社
単行本: 329ページ
発売日: 2000/12
商品の寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
高千穂から日南まで宮崎県内の代表的な神楽を紹介、銀鏡神楽については12ページにわたり紹介されております。 上記リンクよりでインターネット(amazon)で購入できます。






ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2011.12.16 Friday | comments(6) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2012/02/24 10:41 PM---
よりさん こんばんは
体調崩されたとの事、寒い時期、ご無理はされませんよう。
今年は古事記編さん1300年の節目、少しは宮崎や鹿児島も脚光あびると良いのですが・・。

より--- 2012/02/20 5:24 PM---
昨年末、銀鏡神楽を予定して居たのですが、
一昨年の祓川神舞辺りから、持病の動脈瘤と膠原病の悪化が出て
今冬はちょっと辛いです。
春、暖かくなったら、又、お邪魔したいものですわ。

MORIMORI--- 2012/01/09 8:13 AM---
hiro_0503さん 
すっかりコメントを見逃してました^^; ごめんなさい。
今年もよろしくお願いいたします。
宮崎の神楽ですが、後継者が無くやむなく休止しているところなどありますので
現在はおよそ300程度なのかも知れませんが、それでも多いですね。
私はその1/10も見て無いと思います。
米良・椎葉・諸塚などの神楽も見てみたいです。

そうそう、サンAというブランドの飲料メーカー(宮崎県農協果汁)があると思いますが、(自動販売機はオレンジ色です。)現在、高千穂の釜炒り茶濃い味というのが入ってると思います。
これに神楽の写真がありまして、これがすごーーくいい写真です(^^;)
http://www.pmiyazaki.com/takachiho/nw/log/eid34.html

hiro_0503--- 2012/01/04 7:27 PM---
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

>宮崎県内の神楽をくまなく見る為には約50年かかるとのこと。
沢山の神楽があるのですね。MORIMORIさんの様におちこちを回られている方でもまだまだ行きつかないのでしょうか…。驚きです。

MORIMORI--- 2011/12/27 6:48 AM---
やはり銀鏡神楽にいらしてましたか。
実は、先日、銀鏡神楽の際、昨年の高原の神舞(祓川神楽)でお話させて頂いた方と似てらっしゃる方だな〜と思っておりました。(帽子も同じようでしたので。)
高原もそうでしたが、今回も朝までご覧になってらっしゃったようですね。
当方は、今回、焼酎をのみすぎたか、途中で睡魔に襲われ・・(^^;)
銀鏡神楽はまだ3回目ですが、神楽もさることながら、あの雰囲気は良いですね。
来年は、もうひとつの高原の神舞、「狭野神楽」に行ければ、と思っておりますが、12月、何かと行事がありまして・・どうなる事やら。
またお会いしましょう。

田舎者--- 2011/12/24 10:05 PM---
昨年、祓川神楽でお会いした者です。

銀鏡神楽は何回見ても素晴らしい。
今年も行きました。私は一番目立つところで有名なプロのS氏と撮影していましたので、お気づきと思います。なぜかS氏より良い場所で撮影していました。
カメラマンが多く、どの方か分かりませんでした。又、何時か、何処かでお会いすることと思います。

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI