ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
<< がんばっど宮崎 水平線の花火と音楽 | ひむかブログTOP | 新田原基地航空祭 2010年 >>
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

祓川神楽 (国指定・高原の神舞)

霧島の峯より奥の霧はれて現われ出ずる其の峯の守

12月第二土曜日〜日曜日朝(今年は11日夕〜12日朝)にかけ、宮崎県西諸県郡高原町の、祓川(はらいがわ)神楽、を見学して来ました。
高原町は、霧島山の東麓に位置、 高原町のWebPage によると“祓川神楽は霧島東神社(旧名;霧島山東御在所両所権現社)の社家の年中行事の一つとして、祓川の集落に伝えられており、以前は旧暦の11月16日の夕刻から翌朝にかけて、神楽宿とした民家の庭先に御講屋を設置して行われておりましたが、現在は12月第2土曜日に、祓川神楽殿前の広場で行われている”との事で、神楽は約400年ほど前から行われていると推定されているとの事。
祓川神楽(高原の神舞) 剣

霧島東麗地域の「神舞(かんめ)」

霧島周辺では本来、「神楽」では無く、「神舞(かんめ)」(地元では「神事(かんごっ)とも」と称しますが、現在は、世間一般的に知られた名称として、分かりやすく「神楽」とも並称しているようです。

今回、初めての“霧島神舞”見学でして、事前に現地情報を収集すべく、Webを検索すると、近年、祓川神楽は神楽殿内での奉納で、神楽殿内もしくは開け放された外から見学が多いように見受けられました。
今年は、国指定ともなった、記念すべき年でもありますし、おそらく、TVカメラも入ると思うので、外に注連・御講庭(御講屋)が期待出来るかも?と、実は勝手に想像(妄想?)しておりました。
写真撮るのにも、明かり、寒さなど撮影条件は過酷ですけど、絶対外の方が、雰囲気もあっていいよなぁ〜と願いつつ・・・酒屋で御神前の焼酎を購入の上、現地へ。

 おお! なんと、御講庭が外にあるではありませんか。

神楽は、“舞”以外に、こういったそれぞれの神楽に伝わる注連、御講庭(御講屋)の仕立て方、しきたり等を見学するのも、一つの楽しみであります。

今回、初めての祓川神楽で天気にも恵まれ、屋外での奉納を見る事が出来たのは、私の普段の行いの良さから来たものに間違いないです、ハイ(笑)
と・・いうのは冗談でして、室内と違い、外となると天候の心配やら、準備モロモロ、関係者の方はいろんな意味で大変とは思いますが、神楽好き(カグラー)な私としては、なんとか毎年、こうやって外でやっていただければという願いです。




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

ヤタンバン(八咫之盤)

この天蓋風のものは、高千穂系神楽だとクモ、米良系神楽ではアマ、宮崎市から日南市あたりにかけてはキンカイ、キンガサなどと呼ぶものに相当するものです。
孟宗竹を弓状に曲げた途中より、御講屋中央上部に吊り下げられております。
○に十の字(薩摩藩の紋)、も見えます。 この辺りは旧薩摩藩領でした。

祓川神楽(高原の神舞)ヤタンバン

祓川神楽の特色

祓川神楽は平安時代に霧島六所権現の霊所を定めた、性空(しょうくう)上人、山岳文化、修験道の影響の色濃い舞の神楽です。
御講庭中央に向かい、四方に建つ鳥居(法殊門、福徳門、延命門、成就門)などは山伏がもたらした思想らしく、おそらく神楽の講屋ではこの地、独特のものかも知れません。

祓川神楽(高原の神舞) 御講庭

祓川神楽(高原の神舞) 十二人剱(じゅうににんつるぎ)

刀を使った舞が多く、中でも社人(と・・お呼びするのが正しいのでしょうか?高千穂神楽で言うところのホシャの方)12人が御講屋を所狭しと四方に舞う、十二人剱(じゅうににんつるぎ)など、すごい迫力、中入りの番付けでは、大人の中に小学1年生位でしょうか?小さな子供も入った、真剣の舞も。

祓川神楽(高原の神舞) 

一歩間違えれば大怪我、真夜中にその張り詰めた緊迫感と迫力、凛々しさたるや、涙の出る程の感動でした。

祓川神楽(高原の神舞) 龍蔵 

上記は 二十二番 龍蔵

二十九番 太力(ひめくりの番付では太刀とも読めた)は、岩戸を開け、戸を投げるタヂカラの舞。無事成就、舞い終えると御講庭を出て、浜下りの方へとお囃と供に出て行く、東の空が赤く染まっていた。夜明けだ。

 祓川神楽(高原の神舞) 太力

極寒の中で寒さしのぎに、受付の時頂いた焼酎を頂いたり、御講屋横では暖をとるため、薪が焚かれていおり、番付合間に、冷え切った体を暖めに行ったり、夜食に地元の十割蕎麦を頂いたり(青年団の方が格安でふるまい)等々、これぞ夜神楽の醍醐味、この雰囲気がたまりません。

夜が明けると、辺りにはうっすらと霜が降りておりました。

例によって、暗くてブレブレの写真ばかりですが、いずれページ化して他の写真も紹介たいと思っております。 いずれ必ずや(^^;)

以下は、参考・・に。

高原の神舞(たかはるのかんめ)(狭野神楽保存会、祓川神楽保存会)

祓川神楽は、車で約5分程度のところに伝わる、狭野神楽(鎮守は狭野神社)と共に、今年、平成22年3月11日、「高原の神舞」として、国指定重要無形民俗文化財となりました。狭野神楽は、祓川神楽の前の週の12月第一土曜日〜日曜日朝です。
宮崎県内の神楽では他に、「米良神楽(銀鏡神楽)」(1977年5月17日 西都市大字銀鏡)、「高千穂の夜神楽」(1978年5月22日 西臼杵郡高千穂町)、「椎葉神楽」(1991年2月21日 西臼杵郡椎葉村)、が国指定の重要無形民俗文化財となっております。

よろしければ、宮崎の神楽のページもご覧下さい。
このような素晴らしい伝統文化が宮崎の各地に受け継がれています。
もっともっと、多くの方に神楽を知って頂き、そして足を運んで頂きたいです。
12月14日〜15日は西都市銀鏡神社の銀鏡神楽の日です。


ページ作成しました。 → 祓川神楽


ひむかブログ2[祓川神楽(国指定・高原の神舞)]





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2010.12.13 Monday | comments(2) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

 ひむかブログ2記事へのコメント(新しい発言順です)

MORIMORI--- 2010/12/17 11:03 PM---
nickさん こんばんは
写真整理中なのですが、番付との照合に難儀しております。
六所権現信仰、私も興味があります。
是非お願いします。

Nick--- 2010/12/16 10:39 AM---
本当に寒かったですね。
持病の動脈瘤で身体が痙攣を。何度も焚き火で暖を。

しかし、舞庭では、裸足で大熱演。
湯気が立ち昇っていましたよね。
凛とした緊張感を体感出来、感激しました。

週末は、西米良へ出かけたいですがどうなりますか。

そうそう、来年は、六所権現信仰を少し整理したいものです。

コメント本文中のリンク記入は2つまでです。 3つ以上記入すると投稿できません。 コメント欄[email](メールアドレス)にご記入頂いたアドレスはWebにて一般公開されず、管理者だけに知らされます。
以下のようなコ メントは、管理者の判断で事前連絡する事なく削除する事があります。
・該当記事への関連コメントのないもの。
・関連話題の乏しい記事,サイトへの誘導目的のコメント
・営利目的(アフィリエイトサイト含む)と思われるサイトのリンク。
・その他、管理者が不適切と判断したもの。











(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI