ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  

ひむかブログ2開設

 これまでの「ひむかブログ」の続きとして「ひむかブログ2」を開設しました。

内容はいままで通りですが、今回は「1」と区別をつける為にデザインを黒系統にしてみました。

前回の「ひむかブログ」のタイトル部の画像は「西都原古墳群」でした。
今回も、ひむかの国、宮崎県らしく天孫降臨日向神話の残る高千穂峰をはじめとする「霧島連山の夕景」にしました。

右の上にはもうひとつの天孫降臨の地、高千穂の雲海を配しました。

ここでおさらい。

天孫降臨について(日向神話)

天孫降臨は天照大御神(アマテラスオオミカミ)の命令で孫の迩迩芸命(ニニギノミコト)を地上の国へとつわかし、天孫による支配を確立するきっかけとなった。
迩迩芸命(ニニギノミコト)が降り立った所を、古事記では「筑紫(九州)の日向の高千穂のくじふる峰」、日本書紀では「日向の高千穂のニ上の峰」 と伝え、これにより 高千穂峰つまり宮崎県西諸県高原町が日本発祥の地であるとする根拠となっている。
しかし・・
この天孫降臨の地は、宮崎県でも北部に位置する西臼杵郡高千穂町の二説があります。
「天皇家の“ふるさと”日向をゆく」の著者 哲学者の梅原猛さんは宮崎県発行季刊誌「Jaja」のインタビューで「霧島には高千穂という山(高千穂峰)はあっても地名は無く、稲作にも向いて無い事から、高千穂町と考えるべきかも知れない。」ともコメントしている。

江戸時代の国学者、古事記の研究でも有名な本居信長は「両方である」という折衷案を出しているという。

右下には串間市の「都井岬」の御崎馬と夕景を配しました。
これからお気楽に言いたい放題?書いて行きますので、今回のひむかブログもよろしくお願いします。

[ひむかブログ ひむかブログ2開設]





つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション





ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| ブログ、ネット関連 | 2007.01.01 Monday | comments(8) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI