ひむかブログ2 (宮崎県に住む一県民のブログ)

宮崎県在住の筆者が宮崎県のおすすめ観光ポイント等宮崎観光関連話題を中心に書いているブログ(宮崎観光ひむかブログ)の2007-2013年版です。
[ひむかブログ X2] "[ひむかブログX]   [ひむ かブログ1[ひむ かブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]

楽天トラベル九州旅行

  
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

中之又神楽|宮崎県木城町

【追記】 大変遅くなりましたが、平成24年撮影の神楽の写真ページ作成しました。   → 中之又鎮守神社 奉納 中之又神楽

【追記】 平成25年の中之又鎮守神社の大祭(夜神楽)は12月14日〜です。
下記ページにも少し画像を掲載しました。
http://kojiki.gozaru.jp/sub/032.htm  追記おわり



先日、木城町の中之又鎮守神社大祭で奉納される「中之又神楽」(夜神楽)を見学して来ました。
中之又神楽は500年以上の歴史があり、町指定民族文化財です。

今回、ブログ掲載写真では、拡大画像は数枚のみ挿入。
後日作成するWebページでは、すべて1280pix幅の拡大写真を挿入予定ですが・・
・・ 1年以上・・ 遅れております(--;)

宮崎県木城町中之又地区のこと・・・

中之又地区は、宮崎県木城町の奧山に位置する緑に囲まれた小さな集落です。
2011年現在、32世帯57人が住んでいます。
中之又地区は昭和30年代は、林業、鉱山なども栄え、小学校の生徒数も100名を超えていたと聞きます。
産業の衰退と共に、やがて過疎化は進み、平成になると生徒数も10人以下となり、山村留学を積極的に受け入れておりましたが、残念ながら、平成21年3月、最後の卒業生を送り出して、小学校は閉校されました。

私と中之又神楽との出会い・・・

「中之又神楽」は、数年前でしたでしょうか、地元のテレビ番組で、中之又小学校の山村留学ことや、その山村留学中に、神楽を学んだ山村留学生OB/OGが毎年、日向市や宮崎市から神楽に戻って来て、舞い手を担っていることを知り、神楽の夜「是非ともそこに居てみたい」、又、当サイトでも紹介し、微力ながら、中之又神楽を盛り上げたいと、前々から思っておりました。

・・・星と星とが 讃嘆しあうように・・・


中之又神楽へ向かう道には星  
[中之又地区へ向かう道路には☆案内]

かつて、武者小路実篤は、ここ中之又地区から車で30分位の木城町石内内に「新しき村」を築きました。
道案内に付けられた、道沿いの多くの星☆は、以下の武者小路実篤の詩からなのでしょうか・・・。

 君も美しい 僕も美しい
 僕も美しい 君も美しい
 美しいものだらけの世界
 山と山とが  讃嘆しあうように
 星と星とが  讃嘆しあうように
 人間と人間が 讃嘆しあいたいものだ

中之又神楽  



[神社にお参り・・地区のお子様でしょうか・・]

中ノ野又神楽
[神事]




中之又神楽  
[神楽前の神輿入れの神事]

中之又神楽  
[山村留学OG達による浦安の舞]





つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>



ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2012.12.11 Tuesday | comments(2) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

銀鏡神社大祭・銀鏡神楽(国指定重要民俗文化財 米良神楽)

今年も、西都市、銀鏡神社(しろみ神社)の大祭で、銀鏡神楽(しろみ神楽)が奉納されました。
毎年、遠路、関東・関西方面からいらっしゃる方も多く、今年も、多くの方がいらして賑わっておりました。
少しだけですが、写真で紹介します。

宮崎の神楽と言いますと、まず、「高千穂の夜神楽」を連想される方も多いと思いますが、宮崎県下には、多くの夜神楽や昼神楽が伝承されていおります。
銀鏡神楽は、登録呼称「米良神楽」として、高千穂の夜神楽よりも先に、1977年(昭和52年)5月、宮崎県下では一番先に、国の重要民俗文化財の指定を受けた神楽です。
県下で国の民俗文化財に指定された神楽には、椎葉神楽、高千穂の夜神楽、高原の神舞(祓川神楽・狭野神楽)がありますが、いずれも複数の神楽の総称での指定ですが、「米良神楽」は銀鏡神楽を指します。

銀鏡神楽は12月12日より始まる、銀鏡神社大祭の際に舞われ、夜神楽は12月14日〜15日に行われます。

12月14日の神楽は周辺の神社、つまり、宿神社、六社稲荷社、手力男社、若男社、七社稲荷社から神々を迎える「神迎え」(「面さま迎え」とも呼ばれる)の儀式で始まります。

神迎え

平成23年 銀鏡神楽 01

鵜戸神楽、第六番、鵜戸鬼神は鵜戸神宮に関するもの。記録によると、鵜戸神宮(当時:鵜戸山道場)の別当を務めた浜砂淡路守重賢が鵜戸で習得した神楽を銀鏡に帰郷して伝えたとされている。

平成23年 銀鏡神楽 02
[鵜戸鬼神]


西之宮大明神
銀鏡では神楽面そのものが神様として考えられており、神楽番付の前半では、この神々が次々に降臨します。(降居(おりい)と称しています。)これら神々の舞は、神主や宮司によって舞われる厳粛なものであり、鎮守社や摂社の神々が登場するのは米良系神楽の特徴です。
 
平成23年 銀鏡神楽 03
[西之宮大明神]





つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>



ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2011.12.16 Friday | comments(6) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

祓川神楽 (国指定・高原の神舞)

霧島の峯より奥の霧はれて現われ出ずる其の峯の守

12月第二土曜日〜日曜日朝(今年は11日夕〜12日朝)にかけ、宮崎県西諸県郡高原町の、祓川(はらいがわ)神楽、を見学して来ました。
高原町は、霧島山の東麓に位置、 高原町のWebPage によると“祓川神楽は霧島東神社(旧名;霧島山東御在所両所権現社)の社家の年中行事の一つとして、祓川の集落に伝えられており、以前は旧暦の11月16日の夕刻から翌朝にかけて、神楽宿とした民家の庭先に御講屋を設置して行われておりましたが、現在は12月第2土曜日に、祓川神楽殿前の広場で行われている”との事で、神楽は約400年ほど前から行われていると推定されているとの事。
祓川神楽(高原の神舞) 剣

霧島東麗地域の「神舞(かんめ)」

霧島周辺では本来、「神楽」では無く、「神舞(かんめ)」(地元では「神事(かんごっ)とも」と称しますが、現在は、世間一般的に知られた名称として、分かりやすく「神楽」とも並称しているようです。

今回、初めての“霧島神舞”見学でして、事前に現地情報を収集すべく、Webを検索すると、近年、祓川神楽は神楽殿内での奉納で、神楽殿内もしくは開け放された外から見学が多いように見受けられました。
今年は、国指定ともなった、記念すべき年でもありますし、おそらく、TVカメラも入ると思うので、外に注連・御講庭(御講屋)が期待出来るかも?と、実は勝手に想像(妄想?)しておりました。
写真撮るのにも、明かり、寒さなど撮影条件は過酷ですけど、絶対外の方が、雰囲気もあっていいよなぁ〜と願いつつ・・・酒屋で御神前の焼酎を購入の上、現地へ。

 おお! なんと、御講庭が外にあるではありませんか。

神楽は、“舞”以外に、こういったそれぞれの神楽に伝わる注連、御講庭(御講屋)の仕立て方、しきたり等を見学するのも、一つの楽しみであります。

今回、初めての祓川神楽で天気にも恵まれ、屋外での奉納を見る事が出来たのは、私の普段の行いの良さから来たものに間違いないです、ハイ(笑)
と・・いうのは冗談でして、室内と違い、外となると天候の心配やら、準備モロモロ、関係者の方はいろんな意味で大変とは思いますが、神楽好き(カグラー)な私としては、なんとか毎年、こうやって外でやっていただければという願いです。




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>



ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2010.12.13 Monday | comments(2) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

宮崎県の春神楽(日南市下方九社神社)


宮崎県では年間350近い神楽が各地で舞われております。
同じ日に複数の場所で舞われていることも多い為、宮崎県内の神楽をくまなく見る為には約50年かかるとのこと。
神楽というと、高千穂、椎葉、諸塚、米良等、山間部地域での収穫を終えた秋から冬にかけての寒い時期の夜神楽という印象がありますが、平野部の高鍋、宮崎、日南などでは神楽は主に昼に舞われ、収穫を祈念する意味を込めた春神楽となります。
春神楽は彼岸前後より田植え時頃まで各地で行われ、神楽が終わると、春の農作業が本格化する。
昨日、新聞のローカル紙面で日南市下方神社(九社神社)の春大祭で神楽が奉納されることを知り、出かけてきた。
おなじみの岩戸神楽(戸取り等)等もありますが、魚の付いた釣りざおを手にして舞う番付「鵜戸舞(うどめ)」など県南地方特有の舞はとても印象的でした。拡大画像

 




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>



ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2008.04.30 Wednesday | comments(4) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

尾八重神楽(おはえ神楽) 西都市

 尾八重(おはえ)神楽は、九州山地の奥深く、山々に抱かれた西都市の尾八重地区に伝承されている夜神楽。
宮崎県指定無形民俗文化財にも指定されています。
尾八重神楽は尾八重神社の祭日に11月22日の夜から23日の朝まで奉納されるもので、近年、尾八重神社隣に位置する現在は廃校となっっている尾八重小中学校跡の運動場で「しめ上」から「舞上」までの33番を夜を徹して舞われます。

 過疎が進み、昭和57年に、ついに廃校となってしまった尾八重小中学校の校舎、体育館は神楽の時には休憩所や仮眠所等として利用されていましたた。
少しの間、校舎の廊下を歩いてみた。
目を閉じると、こののどかな谷あいの学校に子供達のにぎやかな声が聞こえてくる気がした。
まるで四半世紀も前、その時から時間が止まっているかの様な校舎の中、ふるさとへ帰って来た時の為に、あえてそのままにしてあるのであろう、壁にかけられた賞状や絵などがとても印象的であった。

過疎の波はどうにもならない・・・
ここでも現実を垣間見る。
一年に一度、神楽の時、ふるさとへ帰って来る人も多いと聞く・・
実はこの神楽を舞っている殆どの方も尾八重を出て他所に住んでいる方であり、神楽を舞いに毎年帰って来ると聞く。

 尾八重神楽 神庭 

 尾八重神楽 宿神

デジタルカメラの動画機能での撮影ですが・・
ストリーミング動画(FLV形式へ変換)を掲載してみました。
右下の音量ボタンを予め調整の上、左下再生ボタンを押してください。

 

上に画面が出ない場合には→クリック

ゆったりと流れるような動きの、地元の氏神様の“降居神楽”です。
この辺りは山を隔てたところの「銀鏡神楽」と共通する部分もあるような気がします。

途中聞こえるブホォーーという音は法螺(ホラ)貝の音です。
実はこれ、若き乙女が吹いてたりします。
 尾八重神楽 神和(かんなき)

 私が今回の神楽で特に印象的だったのは、番付18番「神和(かんなき)」
当日頂いた資料によると、「大神様ともいい、下照姫の舞いで天若彦を慰め祀る神面の舞い」とあります。
女装束で、ゆっくりと円を描くように舞う姿は「清め」「鎮め」などの要素をもつようですが、とても優雅でした。
一見、雰囲気的には高千穂神楽等のウズメに似てはいますが、この前の17番で舞われる「ばんぜき」がウズメのようです。

この舞いは以前、見た記憶がある。ドキュメンタリー映画「寒川」の事を過去にこのブログで書きましたが、この映画の中で、かつて寒川でも舞われていた神楽を28年ぶりの再現に協力したのがこの「尾八重神楽」の舞人であり、神楽の中でこの「神和(かんなき)」の場面もありました。




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>



ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2007.11.23 Friday | comments(0) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

今年も宮崎の神楽が始まりました。

 高千穂神楽 タヂタラオ

 高千穂神楽 戸取の舞

今年も宮崎県下の神楽の季節が始まりました。

高千穂の夜神楽

今週11月22日23日は高千穂神社で「神話の高千穂夜神楽まつり」 が開催される。
22日(木)午後6時〜午後10時 23日(金)午前10時〜午後11時

今年度の高千穂の夜神楽は既に先週より押方で始まっております。
日程は下記。

【11月】
  • 17日(押方)籾崎集会場

  • 22日(上野)下組研修集会施設(上野)興梠光一方(下野)中川和久方

  • 24日(上野)黒口研修施設(押方)芝原神社(岩戸)土持陽宏方(向山)飯干美智子方

  • 30日(押方)ほたるの里ふれあい活性センター

【12月】
  • 1日(三田井)下川登公民館(岩戸)佐藤済雄方

  • 8日(押方)あららぎの郷(岩戸)野方野ふれあい四季彩館

  • 15日(三田井)戸高畩志方

【1月】
  • 12日(河内)甲斐富士生方

  • 19日(向山)甲斐時守方(下田原)下田原ふれあい館

  • 26日(向山)黒仁田活性化センター

【2月】
  • 10日(上田原)興梠京一方

椎葉神楽

高千穂の夜神楽同様、国の重要文化財にも指定されております椎葉村の神楽(昼間含む)も11月22日から12月24日にかけ舞われます。

【11月】
  • 22日(栂尾)栂尾神社

  • 23日(財木)財木神社=昼間(畑・鳥の巣)畑・鳥の巣公会堂=昼間

  • 24日(栗の尾)栗の尾営農センター=昼間・地元のみ

【12月】
  • 1日(不土野)不土野集会センター(向山日添)峰越の館(獄の枝尾)綾部正哉方

  • 8日(古枝尾)古枝尾集会センター=13時〜夜中まで(上椎葉)椎葉裕行方(尾前)尾前神社

  • 15日(矢立)矢立集会センター=17〜21時(十根川)十根川神社(向山日当)向山日当集会センター

  • 16日(大藪)大藪集会センター=神事のみ

  • 23日(追手納)追手納公民館

※丸カッコ内は神楽名 
 以上の日程は2007年11月13日付毎日新聞記事より一部引用した。
 日程は変更等ありますので下記のリンク先を参照。

▽△高千穂町商工観光課のまとめた高千穂の神楽の最新情報、詳しい内容はこちらで。
▽△椎葉村のまとめた椎葉神楽の最新情報、詳しい内容はこちらで。

銀鏡(しろみ)神楽(米良神楽)

西都市の銀鏡神楽は、毎年12月12日から16日まで行われる銀鏡神社の大祭で奉納されるもので、神々が降臨する神楽の舞等、神楽は12月14日夜〜15日を中心に舞われます。
祭壇には、猪の頭(サチミタマ)がいくつも奉納され狩猟信仰が色濃い神楽であり、五穀豊穣・子孫繁栄の願いも込められた神楽です。
14日夜の神々の降居(おりい)神楽をはじめ、舞いは厳かそのもの。
15日のお昼頃の「シシトギリ」も銀鏡神楽で是非見ておきたい番付です。
銀鏡神楽も宮崎の神楽を語る上で、是非見ておかねばならない神楽の一つと私は確信します。

銀鏡地区は旧東米良村、現在は西都市となっております。

各神楽の予定は変更になる場合もありますので必ず事前確認を!

今回ここで紹介したものは「国指定重要無形民族文化財」に指定されている宮崎の神楽3つ 
 高千穂の夜神楽(高千穂町に伝わる神楽)
 椎葉神楽(椎葉村に伝わる神楽)
 米良神楽(西都市編入した旧東米良の「銀鏡神楽」単独指定)
宮崎県指定の無形民俗文化財としては、
 高鍋神楽(旧高鍋藩領の大神事など)
 尾八重神楽(西都市)
 船引神楽(清武町)
 諸塚神楽(諸塚村に伝わる神楽)
 西米良神楽(西米良村)があります。

実はこれとてほんの一部、宮崎県下には多くの神楽があり、毎年あちこちで舞われております。
(同じ日に複数の場所で舞われている為、「すべての神楽をくまなく見る為には10年近くかかる」と何かの本で読んだ記憶があります。)




つづきを見てね

宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

続きを読む >>




ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 神楽好き(カグラー) | 2007.11.20 Tuesday | comments(2) | - |

 *リンクフ リー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひむかブログ@宮崎発

宮崎の壁紙 ワイド画面壁紙
宮崎で撮影した写真でパソコン壁紙作成。


今回の一枚 都井岬
都井岬の野生馬


都井岬の野生馬
都井岬の野生馬

国見が丘より見た高千穂の朝日
高千穂

師走祭り(美郷町南郷区)
師走祭り(美郷町南郷区)

ページ作者(MORIMORI)宛メール
MORIMORI